Saturday, September 20, 2014

アイアンにマグネトー

これはアイアンスポーツのタコメーターの取り出しから回転を取るマグネトー

 つまりエボスポーツにこれが付けたいわけです。
毎日かなりアタマを使って考えてます。




エボスポーツにPMの鋳物キャリパーを付ける 後編

後半ね、だいた土日はすごくアクセスが落ちるのは
みんな現実世界が充実しててネットなんて見に来なくていいからだと思う。
とてもいい事だと思います。
僕は毎日更新を目指してがんばります。
一応一年に400以上更新してるから毎日はやってる計算になるんだけど
無駄に一日4回更新したりぜんぜんやらない日があったり
毎日って大事だと思うからね。
ちょっと気になってみてみたら2010年6月17日から
もう1870件も記事を書いてる、驚いちゃうね。


さて、キャリパーに戻ろう、
手持ちのいろんなカラーを使ってちょうどいい位置を探す。サポートの回転防止に
トルクロッドも付けないといけない。
写真がないけど、回転の強力な力に対抗するためと
サスがストロークしたりする自由を確保するために
ボルトの径より1サイズ大きな穴を開けてカラーを入れてからそのカラーの中にボルトを
通している。

仮でこんな感じ
どうしてわざわざ力がかかる円周の外側にトルクロッドのステーがあるのかな。単にローターと干渉しないためだけならもう少しアクする側に近づけられる。
ロッドの板も4.5ミリくらいの鉄板なので走行に問題ないようなら
もう少し色気のある形に直そう。

昨日もアップしたけど
最適なカラーを圧入。


枯れたアルマイトもいいんだけど塗装。

スイングアームにトルクロッドのステーを溶接。
この辺のトルクロッドの角度や長さのセオリーがよくわかっていないんだ。


前のステー後も磨いて色塗っておく。

最後にもう一度キャリパーをチェック
パッドは新品。これは砂型なんだな。

手持ちのホースとの関係であの真鍮のフィッティングは使えなかったのでバンジョーで行く事にする。
この時点でステーまで切り飛ばしてあるからもう後戻りは出来ない。

パッドピンにはブレーキで使うグリスをごく薄く塗ってやった。

どうやら1981年に購入されたものらしい
この「2」とか「8」を見るとアメリカの人かな?
僕もカッコ付けてよくこういう書き方をするからわからないけど。
上に汚く日付を入れる。
パフォーマンスマシンの砂型キャリパーが、33年の月日を経てまた復活だ!

もう取り付け終わったんだけど
真っ暗になってきた。
日が短くなったね。


こんな感じ!
2基掛け用なんでいろいろあるけど、ひとまずこれで機能は果たせる。
上側にあった純正キャリパーがなくなってすっきりしたのは間違いない。そしてなにより気に入ったのは目立たないこと。
ブレーキどうなってるの?って覗き込まないと
普通に停まってたらディスクしか見えない。
やりたくなったらサイドナンバーだって出来ちゃうくらいにすっきりした。

これでしばらく走行して問題なかったら新しくサポートを作って
10インチのディスクで付けよう!

Friday, September 19, 2014

エボスポーツにPMの鋳物キャリパーを付ける

こないだ送ってもらったキャリパー
まず実用に耐えるものなのか、
実際のところどうなのかが知りたくて取り付けてみることにした。


このキャリパーサポートはキャリパー二個を作動させるためにステーが二つある
そこでシングル10インチ用を考えてみる。
サポートについてるトルクロッドってみんなすごく長いけど
短い方が力がかからなくていいのかとも思う。
この辺は少し勉強する日必要がありそう。

このサポートは使えないのかと思ったけど
試してみるならこれでいいじゃん!

もともと開いていた20ミリの穴を28ミリくらいまで広げる。
フライスの刃やリューター、丸ヤスリを使って少し削っては確認しながら
削り過ぎには気をつけていたんだけど
フライスの刃が滑ってアルマイトを傷つけてしまった。
最後ぎりぎりの大きさになったら
万力を使って軽く圧入加減になるようにカラーを入れる

こんな感じね。
垂直かどうかはだいたいで大丈夫
大きなディスクやトルクロッドで強制的に修正されちゃうからね。
仮に組んでみる。
いつも何度も言うけど、こういう改造って分解組み立ての連続。

見た目はこんな感じ
この真鍮のフィッティング使いたかったな。

アームの上前側にあった巨大純正キャリパーがなくなってすごくすっきりした。
こうなると5穴の10インチディスクも使ってみたくなるよね。

回り留めはサッと切り飛ばして磨いておく。

続く…

キャノンボール


ここしばらく、僕が朝起きてまずチェックしてるページはここ

http://shinyakimura.blogspot.jp
写真もこちらから拝借しました。

1915年のインディアンでアメリカを横断するキャノンボールに今現在参加している様子を
毎日アップしてくれているんだ。

毎日なにかしらのドラマだらけでドキドキすることだらけのキャノンボールの様子を、
感情に走り過ぎない淡々とした筆致で僕らに伝えてくれます。

「アメリカ横断」って一言で言うけど現代の車で毎日朝から晩まで走っても
本当に果てしない感じがする距離なんだぜ。
時速35〜40マイルっていうから最高でも時速64キロ
ロッキー山脈越えでは時速30キロくらいまで速度が落ちるんだって。
それでもタンタンタンタンタンタンッ…って坂を上って峠を越えるところの描写には目頭が熱くなったよ。

何度も壊れても、どこかがトラブルになっても一晩中修理してまたスタートする。
僕が好きなのはこういう旅行なんだと。
街に付くとすぐにハードウエア屋さんを探すなんて最高。
ハードウエア屋さんって言うのはいわゆるホームセンターみたいもの。

ある種の女の人達が海外に行くとかならず有名ブランドのお店を探すように、
僕もハワイでもペルーでもハードウエアのお店を探す。
コロラドのお店では馬の蹄鉄が普通に売ってたりするし、
アメリカでは車のデスビみたいなものもかなり豊富にある。
日本より自分で修理するのが当たり前の国だから、オートバックス的なお店でもブレーキパッドなんかもいろいろ在庫してる。

そんなアメリカ人でも1915年のオートバイで大陸を横断しようとは考えないだろう。
とにかく面白いのでスタートくらいから順番に見るといいですよ。


Thursday, September 18, 2014

ヘッドライトが上過ぎていないかな?という疑問

このフロントが出来てから正面の写真を紹介してもらう事が俄然増えて来た。
自分じゃない誰かが撮った写真を見て特に感じるのは

ヘッドライト上過ぎたかな?ってこと

何度もテープで留めたりパソコン上で検討したり
鋳物が出来てからは仮付けして写真も撮って
出来るだけノーマルの印象のままナローにしたくて
ここしかないと思って決めたヘッドライトの位置だけど、

本当にこれでいいのか気になって来た。

チョッパー的にするならもっとライトを小さくしてステムの上下ちょうど真ん中かわずかに上に付けるとかなりらしくなる。
だけど犬号はこのナロートリプルをいかにナローに見せないか、ノーマルと比べて細く感じさせないかに神経を注いでいるのであって、いかにも細く見せるためのセオリーは今回無用である。

もっと言えば、犬号は可能な限り「錯覚」や「見た目のギミック」は使わず、形状や位置関係の正直さで勝負しようと考えている。
そりゃさ、もちろん多少は騙し絵的な錯覚は使ってるけど
やっぱりそういうのって最後の手段だと思うのです。


さて、ヘッドライトの位置を下げるにはステーというか
バイザーごと位置を下げる必要がある。
トップブリッジにあるバイザーのステーのマウント位置を10ミリくらい下にずらすことでライト自体は下がる。
好みの問題ではあるけど、エボスポーツによくある社外部品みたいに
何か噛まして下げてるっぽくなるのはイヤだな。
確かに正面から見たところは改善しても
乗ってる時のハンドル周りの雰囲気は変わっちゃうもんな。
かと言ってもう少し分厚いのを作るのもカッコ悪いし。

ノーマルってライトが上に付いてるから
それをすこしデフォルメしてそれらしく見えてる気もするんだけどな。