Monday, February 19, 2018

犬族のスタンド製作とケースの応急修理

こんにちは、寒いけど元気?
僕も寒いけど、こないだなんか夜中の2時に凍えながらバイクで帰って来たよ。
寒いかって?そりゃ寒いさ。さらにカブは6Vだから電熱服が使えないんだけど
なんとか大丈夫!パルスジェネレータを交換した郵政カブ改め半分ハンターはなかなか快調だぜ。

ところでバイクのスタンド、今まではWR250Fで使ってたキックスタンド、いわゆるサイドスタンドを使ってたんだ。
どこでも立てられるし、スタンド持ち歩かなくていいしさ。
でもやっぱりレーサーっぽくしたくて、トライアングル型のスタンドが欲しくなって。
スタンドそのものは3000円くらいでどこでも手に入るんだけど
FTRは車高がすごく低いからこれに合うようなトライアングルは売ってない。
おまけにアクスルには穴が開いてないから、メインのフレームにあるキャップを外して
そこに差せるように、すこし太くないといけないんだ

で、自作しました。

13ミリの鉄の丸棒。

どのくらいの長さを必要とするか決めるために、
針金を用意する。これが設計の元になる。
フレームに差し込む部分は外径22ミリの鉄パイプにした。

どうでもいい針金でサックリと作ってみる。


いい感じだろ?

僕の作業のモットーは緻密さと大胆さ。
かの映画の巨匠、黒澤明はこう言った。
「天使のように細心に、悪魔のように大胆に、それが私の心構えだ」
僕の心構えとまるで同じじゃないか。

この緻密で大胆な原型を元に、鉄の丸棒のどこで曲げるかをマジックで写し取り、
サンダーの刃で切れ込みを入れる。
アセチレンとかプレスとか、きれいに曲げるやり方はいろいろあるけど
僕はこの方法で狙った場所を狙い通りに曲げる。



アールの大きさは切れ込みの間隔、曲げの角度は切れ込みの深さと数で調整。


こうやって曲げて
曲げたりなかったらまた少し切れ込みを入れてさ。


こうやって曲げたままだと当然弱いので、
切れ込みは後で半自動溶接機で溶接して補強しておく。
溶接したら微妙なゆがみや湾曲をハンマーで修正。
実用にはまったく関係ないが、やっぱり見た目も愛せるものを使いたいじゃん。
黒皮もはがしてこんな感じです。

ほら、それらしく見えると思わない?

このパイプの穴に差して使う。
このあと軽く錆び止めしてから赤く塗って完成
パイプはバンク角を稼ぐために斜めにカットしてある。
ここまで傾けるのかって?
モチロンさ!
僕のFTRのステップは古いセローの左ステップを改造して、
FTR250とほぼ同じ位置に上げて少しバックしてある。




それと、何度も左側で転倒してたら
ジェネレーターカバーに亀裂が入ってオイルが滲むようになってきた。

こんな感じで停めてると下に垂れる。
これは大変良くないので

カブのケースや600のオイルフィルターのフタもこれで直して何年も乗ってる
クイックスチールのペーストタイプで補修。
これ弾力もあってすごい密着度なんだ。
ここはまた擦るだろうから
結果を書くよ

新品の19インチ
まだ真ん中にはヒゲが残ってるのに
左側だけかなり減って来た。
K180はひっくり返してまた履けるからうれしいよね。

今日はスタンドを立ててお別れしましょう!
またね!




















Friday, February 16, 2018

練習



まったくやり方もわからなかったのに
だんだん慣れて来た。
でもね、自分じゃハンドルが地面に着きそう!って思っていても
まだ全然だし、ともかく自分で思ってるのとビデオで撮ったのは全然ちがうんだ。
でも面白いよ。

Wednesday, February 14, 2018

FTR体重測定weight

akoさんのやり方でFTRの車重を測ってみる。
前と後ろで、52キロと55.2キロ
前後で107.2キロ。
ノーマルは128キロ
20.8キロの減量
ホントかな…?ってくらい軽くなってる。
特にリアホイールはディスクブレーキ関係の部品を乗せても3キロは軽くなってる。
バネ下重量の3キロだし、もともと非力なバイクだから加速やレスポンスにいい影響が出てたらいいな。
実は年末から何度かコースに行ってるけどバイクが不調だったり自分が不調だったり、
コースが雨上がりでドロドロだったりで全然走れてない。
もう大人なので、無理に悪いコンディションで走ってケガしたりしたくないと言うのもあるし、覚えたことを何度も反復して身体に覚え込ませたいんだ。
だからどこか気になる不調があると全然気持ちも身体もダメになるね。
もちろんコースが泥んこベトベトなのが一番辛い。
1回4000円だから3回無駄にするとこれはかなり痛いのである。

次回はリアディスクブレーキと、ハイカムの交換と、不調の原因とにらんだ点火コイルを交換して初めてのコースだからすごく楽しみなんだ。
ともかく上手くなりたいんだけど、最近ちょっと頭打ち気味。
筋トレもちょっとサボりがちだったから、
またきちんと始めますよ。

 
前後のホイールが余ったからヤフオクで売らなきゃ。
こういうのを何かに使える、とか思って取ってあるからバイク乗りの家はガラクタが
たくさんあるケースが多い。
こうやって測ってたらあっという間に体重計がボロボロになるよ




さっきこれに安売りシート表皮張ってみた。

買った時からついてた樽型グリップ
ことあるごとにみんなから換えろって言われてたんだ。
とりあえずオフロード用で普段使ってるこれに。
これでさらにコントロールがよくなるはず!


Tuesday, February 13, 2018

FTRリアディスクと犬号の最新



リアのディスクブレーキ化も完了して
いよいよ明日テストして来る。

これで前後のノーマルホイールが余っちゃうことになる。
そうやってバイク乗る人はガラクタが増えていくんだね。

問題のリアディスクはどうかな…気になって仕方ない。
エンジンが暖まってくると突然吹けなくなるすごくいやな症状も
新しいコイルに交換して治っているはず。
コイルが高くてさ
ホンダ純正コイルなんて2000円くらいなイメージだったんだけど
古いバイクってメーカーで部品保管費みたいな感じで年々金額を乗せていくんだ。
で、このコイルも5000円
ちょっと悔しいよね。
それとさ、シートカバー買ったらすごく良くないの!
ヤフオク製なんだけど本当にシワなんか絶対取れないし、
薄いし、そもそも寸法が恐ろしく合ってない。

そこで時間をみて革で作ることにした。
そういうことこのバイクでやらないように気をつけてたんだけど。





こっちは昨日の話題のスポーツスター犬号

この中はあまり汚れてなかった

サクッと組んで、そういえばこれ外すときマフラーと干渉して
マフラーもマスターシリンダーもはずさないと出来なかったから
ガツンとアルミ部分を削ってそのまま簡単に脱着できるようにしたんだ。
整備性って大事だよな。
では!

Monday, February 12, 2018

犬号の手入れ

 寒い日が続きますが元気にしてる?
スポーツを時々世話してやると調子いいんだ。
キッカーは一度外して掃除して、キックギアが飛び込みやすいようにバネを少し引っ張っておくのがコツ。
でないと、出先でキックが引っかからなくてガリガリイヤな音を立てながら何度もラチェットギアが引っかかるまで仮キックすることになる。
 ブレーキのドラムも開けて掃除してカムのところに少しだけ耐熱のグリス入れて、丁寧に組む。
チェーンを引いて、油差してやる。
プラグも見て掃除する。

タイヤもそろそろ交換しないと。
シリンダーとケースの間から少しオイルが出てる。
ピストンリングとステムシールくらい一緒に換えてやろうかな、なんて思ってるとなかなか手が出ないから春の車検のタイミングでやるか。

ちょっと裂け始めたシートも仕方ないので裏から革を当てて直しておく。

キャブレターも分解して掃除して溜まったススやガソリンの濃縮されたドロドロをきれいにしてやる。
エアフィルターも洗って乾かしてオイルを軽く含ませる。
スペアのヒューズとかちょっとした配線とか、車載工具にも少し油差してやる。

僕のバイクは全然きれいではないし、磨いたりもしないけど
これでまたしばらく気持ちよく乗れるのである。